2012年04月01日

GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)で、新生活を送る HAT TRICK(ハットリック・2)

LINK GAINES WAY FARM
http://www.gainesway.com/

本年から、GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク 3750)で、新繋養生活を送っている、マイラーチャンピオンホース・HAT TRICK=ハットトリック、GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)の放牧場で、HAT TRICK=ハットトリックは、青い牧草に戯れながら、いい生活を送っています。

HAT TRICK=ハットトリック「パカ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、大きくて青いブルーグラスの大地を、歩めていました。

HAT TRICK=ハットトリック「パカ、パカ。」

HAT TRICK=ハットトリック「ウーーーーー!」

ハットトリックは、大きい呻き声を鳴らしては、ケンタッキーの大地を眺めていました。

ハットトリックは大きい青草をはみはじめました。

HAT TRICK=ハットトリック「モグモグ、モグモグ。

HAT TRICK=ハットトリック「モグ、モグ、モグ、モグ、モグ、モグ、モグ。」

ハットトリックは、ケンタッキーの牧草を大きくはんでやりました。

2007年にハットトリックが、種牡馬として繋養される前は、日本におり、厩舎でもよく餌を食んだり、乾草をはんだこともありました。

その後、ハットトリックは、水を飲んだりしました。


ハットトリックが、しっぽをあげていると、緑色のうんこが出てきました。

HAT TRICK=ハットトリック「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きいうんこを出していました。

ハットトリックは、ニョロ・ニョロと出てくる、尿を出しました。

HAT TRICK=ハットトリック「バシャーーーーーーーーーーー!」

ハットトリックは体の健康の管理にも気を使う馬でもあり、放牧中でも、おしっこ・うんこを出しては整えていく馬でもあります。

WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)にて、繋養生活を開始した当時、ハットトリックは日本から来ていて、栄養価の高い餌を食んでは、新種牡馬としての生活を身につけてきました。

この間・オーストラリア・アルゼンチンにも、シャトル種牡馬として繋養されており、半年間は、ケンタッキーを離れたこともありました。

2011年の種付け料は、ウオルマックファームにいた当時、6000万ドルに落ち込んでいましたが、ゲインズウェイファームが購入した時には、15000万ドルで繋養生活を送ることになり、11月中旬には移動して以降、ハットトリックの新厩舎に入れては、過ごしていました。


いよいよ、ハットトリックは、ゲインズウェイファームにある、ハットトリックの新厩舎に入りました。

夕方の餌の時間で全部はんだハットトリックは、ゴロンと寝ころび、「フーーー!」と息を吹きかけては、寝ころび、いい夢を見ていました。


2001年4月26日に、北海道・追分町(現・安平町)の追分ファームで生産されて以来、今年の4月26日で、牡・11歳になり、種牡馬としての更なる活躍が期待される、チャンピオンマイラーホース・HAT TRICK=ハットトリック、今後とも、いい産駒を輩出できる種牡馬としての活躍を期待したいと想い、願っております。
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 02:45| Comment(0) | 海外で繋養生活を送る種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

GAINES WAY FARMで新生活を送る HAT TRICK(ハットトリック)。

LINK GAINES WAY FARM
http://www.gainesway.com/

2007年に、日本から種牡馬として、アメリカに輸入され、2008年から4年間、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で繋養、ここを拠点に、オーストラリア・アルゼンチンでもシャトル種牡馬として繋養生活を送った、青鹿毛の馬・HAT TRICK=ハットトリック(イギリス語で、1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味(サッカー用語)・父・サンデーサイレンス・母・トリッキーコード・牡・11歳・2001年4月26日生まれ・日本・追分ファーム(北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233−1)産・血統名・トリッキーコードの2001)が、牡・10歳の誕生日を迎えた、2011年11月初旬・同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム・代表 ジョン・ゲインズ氏)に売却され、同月中旬には、長く繋養生活を送った、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)を後に移動しました。

HAT TRICK=ハットトリックは、現役時代・中央競馬で、21戦8勝の成績を残しており、ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回・マイルチャンピオンシップなどに優勝するなど活躍、海外でも、2005年12月11日・香港・シャーティン競馬場で行われた、キャセイパシフィック航空カップ香港マイル(香港瓶)に、アサクサデンエンと共に遠征、2着のザデューク以下を抑えて優勝、海外初制覇を成し遂げた、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔のサラブレッドです。

HAT TRICK=ハットトリックは、2005年の、最優秀短距離馬にも選定されましたが、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)などの牧場から、種牡馬としてスタッドインしてほしいという要請のオファーに応じ、2007年5月8日に競走馬を引退、5月10付での競走馬登録抹消後、山元トレーニングセンターでの検疫検査をへて、5月27日・飛行機で名残惜しい日本を後に、アメリカでの種牡馬生活に出発、渡航して行きました。

ハットトリックは、2008年から4年間・WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で繋養生活を送った他、シャトル種牡馬として、オーストラリア・アルゼンチンでも繋養生活を送りましたが、2011年の秋までは、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で繋養を送っていましたが、11月初旬に、お隣のGAINSWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に売却され、新年から、GAINSWAY FARMで繋養生活を送ることになり、同月中旬・GAINS WAY FARM(ゲインズウェイファーム)に移動して来ました。

ハットトリックは、2011年11月18日にゲインズウェイファームで行われた、オープンハウスに出場、ゲインズウェイファーム初登場のハットトリックということもあり、ブリーダーたちの関心を集めました。

2012年・牡11歳になった、HAT TRICK=ハットトリックは、GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)で、新しい繋養生活を開始しました。

GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)にある、HAT TRICK=ハットトリックの新しい厩舎、ここに、昨年の10月まで、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で新種牡馬として繋養生活を送った、HAT TRICK=ハットトリックがいます。

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュ〜ン!」

HAT TRICK=ハットトリック「ブルルルルルルル。」

HAT TRICK=ハットトリック「ブルルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい雄叫びを鳴らし、鼻息を鳴らしました。

スタッフに連れられて、ハットトリックは、放牧場に来ました。

手綱を離すと、ハットトリックは、大きいいななきで、走りだしました。

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュ〜ン。」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、」

ハットトリックは、大きいケンタッキーの大地を、いい脚で蹴ってやりました。

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ。」

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュ〜ン。」

ハットトリックは、大きいしっぽをふらしながら、大きい声でいななきました。

HAT TRICK=ハットトリック「パカ、パカ、パカ、パカ、パカ。」

ハットトリックは大きい青鹿毛の馬体をいい脚で歩みながら、ブルーグラスを歩めていました。

サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の馬、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュ〜ン、ブルルルル。」
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 23:12| Comment(0) | 海外で繋養生活を送る種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

HAT TRICK ハットトリック 3年間・繋養生活を過ごした、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を去り、GAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)へ移動、来年から、同場で新生活を送る。

WALMAC FARM LLC
http:///www.walmac.com/
GAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(2012年より。)
http://www.gainesway.com/index.html

2008年から、3年間・新種牡馬として、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊 パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で、繋養生活を送った他、シャトル種牡馬として、オーストラリアのインディペンデントスタリオンズと、アルゼンチンのエルマリン牧場でも繋養生活を送った、サンデーサイレンスの後継産駒で、2001年4月26日に北海道・勇払郡・追分町(現在の、安平町)・追分向陽1233-1の、追分ファームで生産された、青鹿毛の男馬・ハットトリック(HAT TRICK=1選手が1試合で3得点以上を上げる事(英・サッカー用語)・血統名・トリッキーコードの2001・牡・10歳)が、このほど、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊 パリスパイクにある、お隣のGAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に売却、2012年から同牧場で繋養生活を送る事になりました。

ハットトリックは、父・サンデーサイレンス・母・トリッキーコードの血統による、青鹿毛馬で、現役時代、キャロットファームの所有馬として、日本の中央競馬で活躍、最初は美浦・清水美波厩舎の所属の関東馬としてデビューしましたが、後に、栗東・角居勝彦厩舎・所属の関西馬となり、未勝利戦・牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフィック香港マイルなど、21戦8勝の成績を残し、2005年の最優秀短距離馬を授賞するなど、活躍しましたが、2007年5月8日には現役を引退、5月10日付で、競走馬登録を抹消、山元トレーニングセンターで出国検疫検査をへて、5月27日には飛行機で名残惜しい日本を後に、海を渡りました。

ハットトリックは、2007年6月の終わりに、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊 パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)に到着、着地検査をへて、2008年から、15000ドルで、新種牡馬として、繋養生活を開始し、多くの牝馬に種付けた他、オーストラリア・アルゼンチンでもシャトル種牡馬としても繋養生活を送りました。

2009年2月には、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で、待望の初年度産駒が生まれたのを始め、同年の5月19日には、日本で唯−の、ハットトリックの初年度産駒が、北海道・新ひだか町の、前田宗将氏の牧場で誕生(プロポーズトゥーミーの2009・母・プロポーズトゥーミー・後に、猪熊広次氏が購買・既に、アンソニーバローズの競争名で、登録(美浦・小笠倫弘厩舎・所属)され、競走馬デビューをめざし、調整されています。)しました。

その後、今年になり、ハットトリックの初年度産駒の1頭・DABIRSIM=ダビルシム(母・RUMORED=ルモレード・毛色・黒鹿毛・牡・2歳・サイモン スプリンガー氏(フランス)・所有・C フェルランド厩舎(フランス)・所属)が、カブール賞・モル二賞・ジャン・リュック・ラガルデール賞などの、フランス重賞競走を制覇するなど大活躍するようになり、最大の代表産駒にもなりました。

ハットトリックは、今年度は、6000ドルでの種牡馬繋養シーズンを送っており、4月26日(日本時間・4月27日)には、満・10歳の誕生日を迎えました。

その後、11月初旬になり、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊 パリスパイクにある、お隣の、GAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)から、ハットトリックを、来年度の新繋養種牡馬として繋養生活を送ってほしいという要請のオファーがあり、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)もこれに応じ、遂に、ハットトリックは、GAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に売却・移籍される事になり、11月中旬に、新種牡馬として3年間過ごした、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を後に、GAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)という、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊 パリスパイクにある、お隣の牧場へ移動しました。

HAT TRICK=ハットトリックは、11月18日(日本時間・11月19日)に、GAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)で行われた、オープンハウスに登場、ケンタッキー州などの、有力ブリーダーたちは、ゲインズウェイファーム初登場の、HAT TRICK=ハットトリックに、関心を集めて、見に行っていました。

2007年に日本から輸入され、2008年から3年間・WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で繋養生活を送った、HAT TRICK=ハットトリック、牡・11歳の美しい青鹿毛馬に成長する、来年から、GAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)で、新生活を送る事なっており、今後の活躍を期待したいと想い、願っています。
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 23:16| Comment(0) | 海外で繋養生活を送る種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。