2012年06月12日

女傑・ウオッカ(VODKA) 1年目産駒を産む。

すっぴんで、かわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカ(VODKA=2004年4月4日生まれ・牝・8歳)が、4月24日、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊の、ギルタウンスタッドで、1年目産駒・ウオッカの2012を無事に、出産しました。

ウオッカは、北海道・新ひだか町・静内で生まれた、美しくきれいで、かわいい鹿毛の馬、これが、ウオッカです。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン、ブルルルル。」

2010年4月から、繁殖牝馬として、アイルランド・キルディア近郊にある、ギルタウンスタッドで繋養生活を送っている、女傑・ウオッカ、現役時代・ダービーなど22戦10勝を挙げ、2008・2009年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬に選出されるなど、活躍した馬でしたが、2010年3月4日・ドバイワールドカップ・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3(8着)を最後に、競走馬を引退しました。

ウオッカは、その後、飛行機で、イギリス・ニューマーケットのサウスフィールズ・ステーブル経由で、アイルランド・キルディア近郊・ギルタウンにある、ギルタウンスタッドに到着、同年の4月1日(日本時間・4月2日)から、繋養生活を開始し、現在に至っており、2011年5月2日(日本時間・5月3日)になり、凱旋門賞馬・シーザスターズの間に、初年度産駒・ウオッカの2011を、難産の末無事に出産させるなど、ウオッカは繁殖牝馬としての活躍が板に付いています。

2011年6月・ウオッカはギルタウンスタッドの種付け場に、昨年に続いて、凱旋門賞馬で2010年から種牡馬として繋養生活を送っている、シーザスターズと種付け交配を済ませ、マタニティライフを開始しました。

女傑・ウオッカが繋養生活を送っている、アガ・カーンスタッドは、ギルタウンに放牧場を、シェシューンに、分娩機能を持つ放牧場を所有しており、夏と秋の間はギルタウンで過ごし、出産シーズンを迎える、冬から春にかけては、シェシューンで過ごすことになっており、11月頃、ウオッカは馬運車で、シェシューンスタッドという生産機能を持つ放牧場に移動し、ここで、分娩によりウオッカは、いい仔馬を産んでいくのです。


2010年に、ドバイから移動してきて、2年になる、女傑・ウオッカは、いよいよ、シェシューンにある牧場でお産が始まりました。ウオッカは、女の子の馬の体が出て来ました。

2012年4月24日・朝・10時45分(日本時間・18時45分)、女傑・ウオッカは、遂に1年目の産駒、ウオッカの2012(牝・毛色 鹿毛)を出産しました、安産でした。

ウオッカは、1年目の産駒・ウオッカの2012の体をなめては、誕生を喜んでおりました。

2011年の秋以来、シェシューンで過ごしてきた、女傑・ウオッカは、産駒・ウオッカの2012とともに、シェシューンスタッドを後に、ギルタウンスタッドに戻りました。

2012年5月、女傑・ウオッカは、牝・8歳のかわいい鹿毛の馬になりました。

すでに、ウオッカの2012と一緒で、放牧に入っており、ウオッカはアイルランドの自然の中で、大きい蹄を鳴らしていました。

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「ブルルルル。」

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン」

ウオッカは、美しい、すっぴんな鹿毛の馬です。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン!」

ギルタウンスタッドで過ごす、女傑・ウオッカ。

ウオッカは、鹿毛で、たくましく、すっぴんな、女の子、これが、ウオッカです。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」
VODKA「パカッ。」

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン、ブルルルルルルルル。」

ウオッカは、ギルタウンスタッドの厩舎で、たくましく過ごしている、牝馬のサラブレッドです。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン!」

今年3月下旬、昭和39年の開設以来、48年間運営してきた、ウオッカの生産牧場、カントリー牧場が、遂に高齢化から閉鎖し、生産部門から撤退することが発表されたとの情報がありましたが、それでも、女傑・ウオッカもギルタウンスタッドの繋養馬としての活躍ぶりを発揮しており、今後の活躍を期待したいと想い、願わずには居られません。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン、ブルルルル。」
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 04:30| 京都 ☁| Comment(0) | 海外で繋養生活を送る、繁殖牝馬。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。