2012年04月04日

女傑・ウオッカ 今日(日本時間・あす)で、牝・8歳に。

VODKA GILLTOWNSTUD(1・素顔のウオッカ).jpg

すっぴんで、綺麗な、鹿毛の馬、女傑・ウオッカ(VODKA)が、今日(日本時間・あす)で、牝8歳の誕生日を迎えます。

ウオッカ(VODKA)は、2004年4月4日生まれで、現役時代・メイクデビュー京都・阪神ジュヴェナイリーズフィリーズ・日本ダービー(第73回)・安田記念(2回)・ヴィクトリアマイル・天皇賞・秋・ジャパンカップなど、22戦10勝の成績を残しており、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008・2009年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬にも選定され、さらには顕彰馬にも選定されるなど、大きく活躍し、ファンの夢を総なめにした、牝馬でありましたが、2010年3月4日・ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップミーティング・マクマトゥーム・ラウンド3(8着)を最後に、鼻出血症で、現役を引退しました。

現在は、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊の、GILLTOWN STUD(ギルタウンスタッド)で、2010年4月1日(日本時間・4月2日)から、繁殖牝馬として繋養生活を送っており、昨年は、凱旋門賞馬・シーザスターズの間に種付けした、初年度産駒・ウオッカの2011が、5月2日(日本時間・5月3日)に誕生し、大きく成長して行きました、今後・外国産馬の逆輸入馬として、日本で競走馬デビューする事になっている他、女傑・ウオッカ(VODKA)は、昨年も、凱旋門賞馬・シーザスターズとの間に種付け交配を済ませており、今月にも、女傑・ウオッカの1年目産駒が出産する予定になっており、期待されております。

すっぴんで、綺麗な鹿毛の馬・女傑・ウオッカも、今月も出産を控えて、マタニティライフを送っている一方で、女傑・ウオッカを生産した、カントリー牧場(北海道・日高郡・新ひだか町)が、先月中で閉鎖され、解散し、女傑・ウオッカの母・タニノシスター・他と、生産部門の土地が、岡田スタッド(新ひだか町)に、育成部門の土地が、千代田牧場に売却されました。

アイルランド・キルディア州・キルディア近郊、GILLTOWN STUD(ギルタウンスタッド)で、繁殖牝馬として、繋養生活を送る、女傑・ウオッカが、今後、更なる繁殖牝馬として生活を送れるのか、期待したいと想い、願っております。
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 22:52| Comment(0) | 往年の競走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。