2011年09月21日

命名・プリュム(Plume=フランス語で、羽根という意味。

Link Page Francescoli
http://renforcer.seesaa.net/

2009年3月29日・ノーザンファームで、ダイワメジャーと、ピューリティーの間に、一頭の栗毛の牝馬が生まれました、ピューリティーの09がそれです。

だんだん大きくなった、ピューリティーの09は、キャロットファームの愛馬会法人・キャロットクラブにより、1400万円で募集されたのです。

2011年3月29日に、牝・2歳になった、ピューリティーの09は、いよいよ、競走馬デビューに向けて、育成することになったのです。

競争名も、プリュム(Plume=フランス語で、羽根という意味。)に決定しました。

プリュム(Plume=フランス語で、羽根という意味)は、今年・4月22日に、早来ホルスタイン市場で行れた、第1回・産地馬体検査を受検、同時に、栗東トレーニングセンターの、羽月友彦厩舎と預託契約をかわしました。

プリュム(Plume=フランス語で、羽根という意味。)を管理する、羽月友彦厩舎(栗東)の、調教師・羽月友彦さんは、1970年(昭和45年)7月29日生まれ・鹿児島県出身で、1995年に、同じ、栗東トレーニングセンターの、小林稔厩舎で厩務員になり、その後・調教厩務員をへて、石坂正厩舎の調教助手になり、2006年に調教師試験を受け合格、その後、1年間・技術調教師としての修業をへて、翌年(2007年)になり、湯浅三郎調教師の勇退に伴って、解散した湯浅三郎厩舎を引き継ぐ形で、羽月友彦厩舎を栗東トレーニングセンター内に開業し、現在に至っております。

ピューリティーの09改め、プリュム(Plume=フランス語で、羽根という意味。)は、9月18日に、ノーザンファーム信楽経由で、無事に入厩し、現在は競走馬デビューに向けて調整中です。

プリュム(Plume=フランス語で、羽根という意味。)が、競走馬として無事にデビューしてくれるのか、見守って行こうと想い、願っています。

無事にデビューして、重賞競走に行こうね、なあ、がんばれ、プリュム(Plume=フランス語で、羽根という意味)!
(ヒュヒュ〜ン!)
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 20:41| Comment(0) | 応援競走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。