2012年04月04日

女傑・ウオッカ 今日(日本時間・あす)で、牝・8歳に。

VODKA GILLTOWNSTUD(1・素顔のウオッカ).jpg

すっぴんで、綺麗な、鹿毛の馬、女傑・ウオッカ(VODKA)が、今日(日本時間・あす)で、牝8歳の誕生日を迎えます。

ウオッカ(VODKA)は、2004年4月4日生まれで、現役時代・メイクデビュー京都・阪神ジュヴェナイリーズフィリーズ・日本ダービー(第73回)・安田記念(2回)・ヴィクトリアマイル・天皇賞・秋・ジャパンカップなど、22戦10勝の成績を残しており、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008・2009年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬にも選定され、さらには顕彰馬にも選定されるなど、大きく活躍し、ファンの夢を総なめにした、牝馬でありましたが、2010年3月4日・ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップミーティング・マクマトゥーム・ラウンド3(8着)を最後に、鼻出血症で、現役を引退しました。

現在は、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊の、GILLTOWN STUD(ギルタウンスタッド)で、2010年4月1日(日本時間・4月2日)から、繁殖牝馬として繋養生活を送っており、昨年は、凱旋門賞馬・シーザスターズの間に種付けした、初年度産駒・ウオッカの2011が、5月2日(日本時間・5月3日)に誕生し、大きく成長して行きました、今後・外国産馬の逆輸入馬として、日本で競走馬デビューする事になっている他、女傑・ウオッカ(VODKA)は、昨年も、凱旋門賞馬・シーザスターズとの間に種付け交配を済ませており、今月にも、女傑・ウオッカの1年目産駒が出産する予定になっており、期待されております。

すっぴんで、綺麗な鹿毛の馬・女傑・ウオッカも、今月も出産を控えて、マタニティライフを送っている一方で、女傑・ウオッカを生産した、カントリー牧場(北海道・日高郡・新ひだか町)が、先月中で閉鎖され、解散し、女傑・ウオッカの母・タニノシスター・他と、生産部門の土地が、岡田スタッド(新ひだか町)に、育成部門の土地が、千代田牧場に売却されました。

アイルランド・キルディア州・キルディア近郊、GILLTOWN STUD(ギルタウンスタッド)で、繁殖牝馬として、繋養生活を送る、女傑・ウオッカが、今後、更なる繁殖牝馬として生活を送れるのか、期待したいと想い、願っております。
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 22:52| Comment(0) | 往年の競走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

プリュム(Plume=羽根・仏) デビュー4戦目で待望の初勝利(4月1日)

ぼくの大好きな馬の1頭・プリュム(Plume=フランス語で羽根という意味・父・ダイワメジャー・母・ピューリティー・毛色・栗毛・牝・3歳・2009年3月29日生まれ・ノーザンファーム(北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地)・生産・栗東・羽月友彦厩舎・所属・血統名・ピューリティーの2009)が、昨日・阪神競馬場でおこなわれた、サラ系3歳未勝利戦に出走しました。

前走の未勝利戦で、アロマティコの4着に終わって以降、ソエが出てきたので、ノーザンファーム・しがらきに、放牧休養に出ていた、プリュム(Plume=羽根・仏)だったのですが、これまでに、2着が2回あった牝馬だけに、今度こそは勝利させようと、プリュム(Plume)を出走させました。

プリュム(Plume)は、ゼッケン12番での出走となり、単勝でも3番人気に支持されての出走となりました。

直線に勝負に出た、プリュム(Plume)は、ぐいぐい伸び、羽根という意味のフランス語に由来する名前の通りの勢いで、2着・ビックビートをかわして先頭に立ち、そのままゴール板を通過、1分24秒9のタイムで、1着となり、2011年11月5日のデビューから、4戦目にして待望の初勝利を挙げました。

3着には、ハクサンアースが入り、1番人気に支持された、サトノラミアは、6着に終わったのです。

今年の3月29日で、まる3歳の誕生日を迎えた牝馬のサラブレッド、プリュム(Plume=羽根・仏)、デビューから4戦目の初勝利は、栗毛の女の子の馬・プリュム(Plume)にとって誕生日祝いにもなりました。

これで、4戦1勝となった、プリュム(Plume)は、今後も、大きなレースをつかんで行ける馬に成長してくれるのか、更なる活躍を期待したいと想い、願っております。

おめでとう、大好きな、プリュム(Plume)、4戦目で待望の初勝利を挙げてよかったね、なあ、プリュム(Plume)。
(ヒュヒュヒュ〜ン!)

次走も、さらに勝利を重ねて、引退し、繁殖牝馬として繋養生活を送る日が来るまで、大きく前進して成長する牝馬になろうね。

なあ、大好きな プリュム(Plume)!
(ヒュヒュヒュ〜ン、ブルルルルルル!)

LINK Francescoli
http://renforcer.seesaa.net/
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 22:03| Comment(0) | 応援競走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)で、新生活を送る HAT TRICK(ハットリック・2)

LINK GAINES WAY FARM
http://www.gainesway.com/

本年から、GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク 3750)で、新繋養生活を送っている、マイラーチャンピオンホース・HAT TRICK=ハットトリック、GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)の放牧場で、HAT TRICK=ハットトリックは、青い牧草に戯れながら、いい生活を送っています。

HAT TRICK=ハットトリック「パカ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、大きくて青いブルーグラスの大地を、歩めていました。

HAT TRICK=ハットトリック「パカ、パカ。」

HAT TRICK=ハットトリック「ウーーーーー!」

ハットトリックは、大きい呻き声を鳴らしては、ケンタッキーの大地を眺めていました。

ハットトリックは大きい青草をはみはじめました。

HAT TRICK=ハットトリック「モグモグ、モグモグ。

HAT TRICK=ハットトリック「モグ、モグ、モグ、モグ、モグ、モグ、モグ。」

ハットトリックは、ケンタッキーの牧草を大きくはんでやりました。

2007年にハットトリックが、種牡馬として繋養される前は、日本におり、厩舎でもよく餌を食んだり、乾草をはんだこともありました。

その後、ハットトリックは、水を飲んだりしました。


ハットトリックが、しっぽをあげていると、緑色のうんこが出てきました。

HAT TRICK=ハットトリック「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きいうんこを出していました。

ハットトリックは、ニョロ・ニョロと出てくる、尿を出しました。

HAT TRICK=ハットトリック「バシャーーーーーーーーーーー!」

ハットトリックは体の健康の管理にも気を使う馬でもあり、放牧中でも、おしっこ・うんこを出しては整えていく馬でもあります。

WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)にて、繋養生活を開始した当時、ハットトリックは日本から来ていて、栄養価の高い餌を食んでは、新種牡馬としての生活を身につけてきました。

この間・オーストラリア・アルゼンチンにも、シャトル種牡馬として繋養されており、半年間は、ケンタッキーを離れたこともありました。

2011年の種付け料は、ウオルマックファームにいた当時、6000万ドルに落ち込んでいましたが、ゲインズウェイファームが購入した時には、15000万ドルで繋養生活を送ることになり、11月中旬には移動して以降、ハットトリックの新厩舎に入れては、過ごしていました。


いよいよ、ハットトリックは、ゲインズウェイファームにある、ハットトリックの新厩舎に入りました。

夕方の餌の時間で全部はんだハットトリックは、ゴロンと寝ころび、「フーーー!」と息を吹きかけては、寝ころび、いい夢を見ていました。


2001年4月26日に、北海道・追分町(現・安平町)の追分ファームで生産されて以来、今年の4月26日で、牡・11歳になり、種牡馬としての更なる活躍が期待される、チャンピオンマイラーホース・HAT TRICK=ハットトリック、今後とも、いい産駒を輩出できる種牡馬としての活躍を期待したいと想い、願っております。
posted by BOUQUETFRAGRANCE ブーケフレグランス at 02:45| Comment(0) | 海外で繋養生活を送る種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。